故障の状態をチェック

自動車修理の方法について

車は住宅に次ぐ、非常に高価な買い物ですが、故障した際にも高額な修理費用が掛かってしまうことがあります。修理の方法によっては、相場以上の料金が請求されることもあるので、しっかりと修理の方法を吟味する必要があります。最も一般的な修理方法としては、その車を販売したディーラーに持ち込むことが挙げられます。ディーラーには、その車に特化した専門の整備士が所属しているので、しっかりと修理をしてもらうことが可能です。また、部品についても直接仕入れることが出来るので、整備の枠さえあれば、早期に修理をしてもらうことも可能です。しかし、ディーラーでは最も高額な費用を請求される可能性があるでしょう。
もしも、修理費用を節約したい場合には、民間の修理工場を用いる方法が考えられます。いろいろな車をみており、そのメーカーに特化しているわけではないので整備が不十分になってしまう可能性もありますが、腕の良い整備士が働いている場合には、非常にお得に修理をしてもらうことが出来るでしょう。
ただし、ECUなどのコンピュータ関連の故障の場合は、ディーラーでしか修理が出来ない場合もあるので、故障の内容を見ながら修理方法を考える必要があるでしょう。

車の修理の種類や修理会社の選び方

車の修理に、板金塗装という言葉を聞く事がありますが、板金はダメージを受けた車のキズを可能な限り元に戻す修理です。塗装は、板金によって復元したベースに車の色を塗る工程で、下塗りや本塗り、仕上げの流れで行うのが主流です。これらの修理以外にも、エンジン系統や電気系統など、車が故障する部分は色々ありますが、修理に出す際の会社選びも大切です。
修理を依頼する場合、自動車ディーラーや整備工場、ガソリンスタンドなどありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。ディーラーは、技術力が確かで正規部品を使う為、安心と信頼性は抜群というメリットと、費用が高めというデメリットがあります。整備工場は、豊富な経験がある場合と技術力が浅い場合など、整備工場によってムラがありますが、コストは安めに済みます。
ガソリンスタンドの場合、近くにあればすぐに依頼できるというメリットがありますが、技術力にムラのある可能性があります。修理会社を選ぶ時には1社に絞り込まないで、ある程度複数社を対象にして、選ぶのがおすすめです。web上の車修理情報サイトや、修理会社のサイトなどに、修理会社の価格相場や修理内容などが掲載されているので、それらを参考材料にしながら見積りを数社に出してもらい、比較して修理会社を決めるのがおすすめの探し方です。

PICK UP

一番効率的な修理依頼

READ...

学んでおきたい修理の基本

READ...

故障の状態をチェック

READ...

壊れた愛車を業者に修理依頼

READ...